炭水化物や糖質に厳重注意|糖尿病ならではの食事療法を準備

介護

保存して食べられる食事

医者

食事のパターンは人によって異なりますが、宅配食は買いに出かけずとも自分に合ったメニューの食事を好きなときに食べられます。腎臓病食のように制限があってもその範囲内での食事がしやすいのも人気の理由です。冷凍や冷蔵で宅配されるため、まとめて注文して保存しておけるのが特徴です。

詳しくはこちら

病食の欲しい人は必見

看護師

健康宅配は栄養管理士が献立を作っており、更に安全性の高い食材を使っているのです。この健康宅配では非常に豊富なメニューがあって、糖尿病患者や腎臓病患者のことを考えたレシピなので患者さんにかなりの人気があります。

詳しくはこちら

病気と栄養の関係

料理

病気の予防・治療の一環として栄養療法は非常に重要です。服薬していても、医師の指示に基づいてしっかり栄養療法に取り組むことで、治療効果を高めることができます。食への関心は高まっており、栄養療法もその重要性と理解が進むと予測されます。

詳しくはこちら

医者に相談をする

男女

炭水化物を排除

糖尿病の方の食事は、少し前までは炭水化物であるごはんなどの主食もどんどん出ていましたが、最近はそれが見直されており、炭水化物はなるべくカットされた食事になってきています。もちろん、糖尿病の食事についてはいろいろな考え方があるので、まずは自分がかかりつけの医者に相談したりして自分に合った食事方法を続けていくといいと思います。炭水化物は糖質のかたまりであるため、極端に言えば炭水化物を徹底的に排除したものが糖尿病の方の食事です。もちろん、あまりにカットしすぎると、低血糖になってしまったりするので、それも医者に相談をしながらごはんや麺類などと言った炭水化物を取り入れる日を作ってみていもいいと思います。

知識をつけること

ごはんや麺類などの炭水化物をカットしても、糖質が高いものはたくさんあるので注意が必要です。フルーツも糖質が高いため、せっかく食事療法をしていても、フルーツは体によさそうだからとたくさん食べていては意味がないので、まずどの食べ物がどんな糖質なのかということを知っておくことも大切です。最近はインターネットで検索をすると、糖質の一覧表などもすぐに出てきます。なるべく腎臓に負担をかけないようにしなければいけないので、しっかりと知識をつけて食事をとるのが一番です。糖尿病の方は意外と多いので、周りの糖尿病の方にどんな食事をしているのかなど聞いてみたりアドバイスを貰うのもいいと思います。そしてもちろん、まずは病院へ行くことも重要です。